読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森火土金水

手相と九星気学風水について綴っています。はてなダイアリーはこちら→http://d.hatena.ne.jp/topazfall/

九つの星

気学には、陰陽、木火土金水のほかに、9つの分け方もある。
それが九星。
九つの星。
人間は、「じぶんの星」をもち、じぶんの星が何かは、生まれ年で決まる。
九星がぐんと面白いのは、じぶんの星以外の星の力も、わけてもらえるということだ。
九つの星は、それぞれ、じぶんの良さを持っている。
九つのかっこよさ、九つの可愛さ、九つの美しさ、九つの優しさ、九つの賢さ、九つの強さ、九つの弱さ、を持っている。
どれが足りない? どれに助けてほしい? どの星の、どんなところがうらやましい?
一度にぜんぶは、もらえない。
まず、じぶんはどれが足りないかに気づかなくてはならない。
そのために、じぶんの星のことを、じぶん以外の星のことを、九つの星のことを、知ろうとする。学ぼうとする。
じつはそれは、「星」じゃないのだ。
じぶん以外の星のいいとこ、を知ろうとするのは、じぶん以外の人のいいとこ、を知ろうとするのにひとしい。
じぶんとは違うかっこよさを、たのもしさを、いさぎよさを、学ぼうとするのにひとしい。
ふうん、こんなかっこよさもあるんだ、いいなあ、じぶんもこんなパワー、足したいなあ、という気持ちが生まれてくる。気持ちが育ってくる。
足りないパワーを知ろう。九星のパワーを知ろう。人のパワーを知ろう。
それが九星を知るということ。九星を学ぶということ。
それは星を学ぶことに限らず、人を学ぶこと、世界を学ぶことにも、なっていくはず。
じぶんを学ぶということにも、なっていくはず。