森火土金水

手相と九星気学風水について綴っています。 mori ka do gon sui

切り替える年

異動希望を出してから二週間。
最近、夜、眠れるようになってきた。
とはいえ、希望かなわず、異動しないままかもしれない。
でも、「異動希望者」として、会社から認識されることになる。
考えるほどに、異動すべきだという思いが強くなってきている。
わたしの仕事をいっしょにやっていた人がどんどん減っていき、
派遣スタッフもゼロにしなくてはならない状況になって、
もうわたしひとり(これってワン・オペ?)しかいない状況になって、
それでもなんとか回していける方法を必死で考えて、
これならなんとかやっていけるかな、と思うところに来た。
でも、気がついた。
わたしの仕事をしたい人は、社内にいないようだ。
ということは、わたしの仕事を引き継ぐこともできない。
だけど、わたしの仕事のかたちを全く変えて、やりたがっている人たちが出てきた。
わたしは、わたしのやってきた仕事を終わらせるべきだ。
今まで仕事で積み上げてきたものを捨てるべきだ。
経験も知識も信頼もすべて。
雇用されている人間は、遅かれ早かれ、そういうときが来る。(定年とか)
そういうときに慣れておけると思わないと。
仕事にしがみついているように思われるのもいやだし、異動するんだ!
と、決めたものの、ぐっすり眠れない日々がつづいていた。
でも、ふと、最近、チェックしていなかった、九星気学分野の、2018年についての情報に触れたとき、驚く。
<2018年は大転換の年。 価値観を全く変える一年。
今までの自分の生き方にしがみついていると取り残される。
今まで努力してきた事があったとしても、そんな努力とは無関係に、 全く新しい状態にシフトする。
 過去の実績、過去の栄光、過去の努力、 長く続けてきた職業、獲得した資格、そういうものに、しがみつかない事が必要。>
だいじょーぶじゃん、わたし!変化にのっているじゃん!
とたんに、夜、眠れるようになった。
昨日のお昼、最近足を向けていなかった、老舗のおにぎり専門店に足を向けると、そこには「閉店しました」の貼紙が。
何十年も営業してきた老舗だから、経営不振などの原因ではないはず。自ら選択した「終り」のはず。
ちゃんと今年の変化にのったお店だといえるな。
夫婦で営んでいたおにぎり専門店は、おつりを差し出す奥様の手が、指長の芸術家的な手で、おにぎり屋さんを営む手ではないなあ、といつも感じていた思い出がある。
おにぎりじゃなくて、手を思い出にしているわたしなのだから、手相を観ることになったのも自然なことだ、きっと。