森火土金水

手相と九星気学風水について綴っています。 mori ka do gon sui

まだ終わっていない

9月末に、無事仮吉方を終えて、自宅に戻った。
しかし、まだ終わっていない。
「自宅に戻った」=「引越した」ことになるための条件がある。
それは、仮吉方の条件と同じ。
75日間、自宅で寝泊りをすること。
75日間、仮吉方宅内にあった飲食物を口に入れないこと、仮吉方宅周辺2キロ以内の飲食、宿泊、うたたねをしないこと。
(この条件を見越して、仮吉方先は、勤務先や学校に近いところなど、じぶんが通常の生活で用事が生じそうな場所を避けて選んだほうがいい)
この75日間が終われば、引越したことになる。
自宅に戻ってきて、もうすぐ三週間になる今、一番つらいのは、「仮吉方宅周辺2キロ以内の飲食をしない」ことだな。
気に入っていたカレー店があったのだ。75日経過したら、またあのカレーを食べに行くんだ!と決意をしておく。
それまでは、カレーの代わりはカレーで埋めよう!仮吉方宅周辺から離れた、別のカレー店を開拓しよう!と決意をする。
というわけで、一軒、開拓した。
ハブモアカレー。
まんなかの大皿に抱きとめられた、満月のようにつやつやしたターメリックごはんを、衛星のようにカレーと惣菜の小皿がとりかこむカレープレート。
味も気に入ったんだけれど、初めて食べたあと、1時間後くらいに突如、身体がほかほかとあたたかくなってきたのに感動。
その「身体のあたためかた」が、衣類やホッカイロや他の食べ物では得られない、身体の内側に陽だまりが生まれたような、不思議なあたためぐあい、やさしいあたためぐあいなのである。
飲み物は、コーヒーと紅茶がメニューになく、かわりにハーブティとレモネードがある。
もしかしてコーヒーと紅茶は身体を冷やすから?なんだろうか。
店内は、女性ひとり客も多くて、あたためぐあいにとりつかれてしまった人たち(わたしも含め)のように思えてならないのだった。