森火土金水

手相と九星気学風水について綴っています。

バトンタッチ

気学の一年は、1月1日から12月31日ではない。
2月始めの立春から、次の立春の前日までである。
1月は、まだ前年なのだ。
世間でいくら謹賀新年だ~と1月1日に騒いでいても、気学の新年はまだ先。
前年の最終月、ラストスパートの中にある。
これを節変わり(せつがわり)という。
気学のひと月も、1日からは始まらない。
4日から8日のあいだに、次の月に変わる。
節変わりも月変わりも、ある星からある星へ、その月の担当が変わるようなイメージである。
支配者のようなイメージだ。今年は、今月は、この星が支配するのね~ってイメージである。
月の変わり目に、前任星から後任星へ、バトンタッチが行われるのだが、
このバトンタッチ、あまりなめらかではない。
意識していると、変わり目のニ、三日前は、天候が荒れることが多いのだ。
雨の確率がとても高い。
前任星と後任星で、引継ぎにわ~とモメているのだろうか。
人間と同じ・・・。
たまに、変わり目でもとても穏やかなときがあって、そのときは前任星と後任星で仲が良いのだろうか。
人間と同じ・・・。
変わり目は荒れる。
何かが荒れているときは、何かが変わろうとしているときだ。
環境とか、こころとか、からだとか。
天にも地にも人にも、バトンタッチが何回もくる。
次のバトンタッチは12月7日。

気学のススメ

はじめて何かと出会うときは、たいていはプロフィールの紹介から始まる。
九星気学(きゅうせいきがく)を知ろうとしたときも、一頁目にあるのは、プロフィール。歴史だ。
シンプルに伝えると、五千年の歴史を持った、五千年分の東洋の智恵だよ、ってことだ。
知りたいか、知りたくないかで、立ち止まるか、通り過ぎるかを決めればいい。
国籍とか家系とか学歴とか社会的身分とか性別とか年齢とか、そんなプロフィールとは関係なく、知りたいと思ったら、立ち止まればいい。
今、じぶんの前に、じぶんのまわりに、「それ」はある。
「それ」以外のものに作用する力を持って。じぶんに作用する力を持って。社会に作用する力を持って。
「それ」は目に見えず、すがたを持たず、かたちを持たず、声を持たない。
だから、見えないもの、聞こえないものには、いっさい興味がない、知りたいと思わないのなら、通り過ぎればいい。
「それ」は、すがたを持たず、かたちを持たず、声を持たないから、べつのすがた、べつのかたち、べつの音になって、現れる。
知りたいという衝動に任せて学びはじめると、過去の「それ」に、思い当たり、いまの「それ」に気がつく。未来の「それ」に気がつく人もいる。
ぴかっ!きらっ!じわっ・・・という感じで、気がついていく。
学びをかさねて、ぴか!っきらっ!じわっ・・・の出会いをかさねていく。
それが楽しくて楽しくて、わたしは九星気学を学んでいる。
世の中には、さまざまな、たくさんの、世界の見方があふれている。
好きな世界の見方を選べばいい。好きなだけ、選べばいい。
わたしは世界の見方をひとつプラスした。
九星気学という見方をプラスした。
限られた知識にしか触れていないわたしだけれども、今まで出会ってきた世界の見方の中でも、とびっきり楽しい見方である。
「それ」を知りたければ、知ろうとすればいい。
信じるか信じないかではなく、試してみたいか試さなくていいかということだから。